ハピネスハウジング

お電話でのお問い合わせはこちらから

tel:0564-66-1567

hahako.jpg

ハピネスブログ

蓄電池の寿命

2020.09.01

皆さま、こんにちは。 愛知県岡崎市で蓄電池と言えば、暮らす本舗ハピネスです。

株式会社ハピネスハウジングの夏目です。

今回のテーマは『蓄電池の寿命』についてです。
みなさんは蓄電池には寿命があるということをご存知ですか?
我々が普段使っているスマートフォンも、使っていくごとに最大まで充電した時の「使用可能時間」が短くなっていきますよね?
特に電化製品は”経年劣化”により性能が下がっていきますが、蓄電池も同じく寿命があり、性能は下がっていってしまいます。

蓄電池の寿命は使用する環境や状況、保守条件など様々な要因によって左右されるため、寿命を表す際には「サイクル回数」もしくは「使用期間」のいずれかが用いられます。

サイクル回数とは、簡単にいうと”蓄電池が充放電を繰り返せる回数”のことをいいます。
1サイクルは、充電量が0%の状態から、満タンの100%まで充電して、その電気を0%の状態になるまで放電することを指します。

基本的に、蓄電池を設置している家庭では”1日1サイクル”で充放電を繰り返すので、「サイクル回数÷365日」となります。
もちろんこれは、使用方法や使用環境によっても変化します。

また、一般的に、バックアップ用の電源など特定条件下のみの放電で、頻繁に充放電を繰り返すものは「サイクル回数」ではなく、「使用期間」で寿命が表されることが多いです。

これらの寿命を表す数値は蓄電池の発売先メーカーによって設定されています。
実際の製品別で調べてみますと、最もサイクル回数の小さなもので8000サイクル。大きいもので12000サイクルです。
つまり、10年使用できるものから30年使用できるものまで、幅がとても広いことが分かります。
ただし、この年数はあくまでも「期待寿命年数」になります。
実際には20年、30年と使用された蓄電池はありません。
また、公表を避けているメーカーもあることを覚えておくといいでしょう。

 

 

<東三河、西三河で蓄電池をご検討されているお客様へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”株式会社ハピネスハウジング”まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

info@happiness-group.co.jp

0120-43-1392

 

<対応可能エリア>

岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田 町、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村、浜松市、湖西市

トップに戻る

トップに戻る

イベント情報

お問い合わせ

ブログ

 電話する

 お問い合わせ